ようこそ、ウエディングドレスレンタルなびへ。



晴れの日の門出を祝うウェディングドレスは、女性なら誰もが憧れるドレス。純白のウェディングドレスもお色直し後のカクテルドレスも、みなさん悩みに悩んで決められることでしょうし、写真やビデオの中で、さらにはお二人の心の中に一生の思い出として残ります。

ただ、これらの衣装は基本的に一生に一度だけ着る衣装です。何回も着る予定とか(笑)、子供にあげるとかいう方もいるかもしれませんが、子供も自分の着るウェディングドレスは自分で決めたいと思うでしょう。

そういったことを考えると、やっぱりウェディングドレスはレンタルがよいと思います。レンタルなら気兼ねなく複数回のお色直しもできますし、また浮いたお金を新婚旅行のアップグレード等に回すこともできますしね。

このサイトでは全国のウェディングドレスのレンタルショップを地域別にご紹介しております。あなたのお近くの良心的なドレスレンタルショップ探しにお役立ていただければ幸いです。

また、滅多に着ない衣装だけに、ドレス選びの際にはよくわからない言葉もいろいろ登場します。そういった用語についても解説していきますので、ご参照ください。

まずは、肩慣らしにドレス全体のシルエットについて。

ウェディングドレスのシルエットとしてはAライン、マーメイドライン、プリンセスライン、スレンダーライン等があります。

AラインとはアルファベットのAの字形のように裾にいくほど広がっていくシルエットです。クリスチャン・ディオールが考案したシルエットで、背を高く見せる効果があります。

次に、マーメイドラインとは膝下から裾が人魚のように広がったシルエットをいいます。プリンセスラインは、西洋の中世のおとぎ話に登場するお姫様のようにスカートが膨らんだシルエットをいいます。

スレンダーラインは別名ペンシルラインとも言い、その名のとおり上から下までスラっとまとめたシルエットで、大人っぽい雰囲気が出ます。

一部パーツを着脱可能にすることで複数のシルエットを楽しめるようにした2WAYドレス等もあります。